マイナンバーが風俗店に及ぼす影響

      2016/09/16

風俗マイナンバーについて

マイナンバー制度が導入した事によって、風俗で働いている事がバレないか?

不安に思っている女性が多いようです。

マイナンバー導入で風俗に及ぼす影響はどんな事があるのでしょうか?

マイナンバーって何?

マイナンバーとは、日本国民全員に配布される個別の制度名で、正式名称は「国民総背番号制」です。

日本にいる国民全員に個別の管理番号をつける事で、それぞれの社会保障や年金、税金等の行政で処理する情報を一括管理する事ができるものなのです。

2016年現在で、マイナンバーで管理されるものは3つありあす。

・社会保障
・税金
・災害補償

マイナンバー制度(番号制度)を導入する事で、行政では書類の管理や、確認作業など、がスムーズに行われ、ミスや間違いがなくなるというメリットがあります。

従来の社会保障では申告するのに、多くの書類を提出する必要がありましたが、今後はマイナンバーを提出するだけで、行政機関の申告が簡単にできるようになりました。

 

 

マイナンバーは、国の行政機関や地方公共団体での各種手続き等において、

各機関が管理する個人情報の連携が必要な場合に、同一人物の情報の確認をスムーズに行うために使われます。

 

マイナンバーはあなたが「いくらお給料をもらったか?」「税金はいくら払っているか?」「年金はいくら払ったか?」

など、あなたのお金に関する事が全て分かるようになりました。

 

 

 

マイナンバーのメリット

マイナンバーのメリットとは、あなたのお金の流れをクリアにする事によって、

「年金は何年分払ったか?」「脱税していないか?」

など、一元管理ができるのです。

風俗店経営者への影響は?

風俗のお店は、税務申告をしていない事業所は、かなり多いと言われています。

マイナンバーが導入された事によって、税務署対策をしなければならないお店は、悩まされている風俗店経営者が多いのではないでしょうか?

風俗の事業は現金商売で、しかもかなりの金額が取引されているので、税務署や国税は、以前よりも厳しく監視しています。

税務署申請をせずに営業している風俗店は、今すぐに税務署対策をするべきです。

具体的に何が問題?

マイナンバー制度で、税務署が厳しく監視する事はわかりました。

しかしどのようにして、監視しているのでしょう?またその対処法はあるのでしょうか?

 

銀行口座とマイナンバーが紐づく

銀行口座とマイナンバーが紐づくことで、お金の流れが明確化されてしまいます。

マイナンバー制度では、従業員は、雇用主にマイナンバーを提出しなければなりません。

雇用主、風俗店の経営者は、報酬やお給料を誰にに支払ったのか、マイナンバー付きで税務署に申告します。

もし、申告をしないでお給料を現金で支払ったり、税務署に申請しないで報酬のやり取りをしていても、銀行口座とマイナンバーが紐づくので多額の預金や入金がある人、税務調査の対象になる可能性があります。

お金の流れが明確になるって怖いですね~!

 

業務委託の場合も申告が必要

会社の社員ではない業務委託の場合でも、報酬として支払う事になりますので、この場合のマイナンバーを付きで申告する必要があります。

もちろん源泉徴収もしなければなりません。

 

税務署への申請を誤魔化すと…

風俗店の経営者の中には、売上を過小に申告したり、人件費や経費を誤魔化して申請している風俗店も少なくないそうです。

しかし、マイナンバー制度が導入されてから、税務署の目は厳しくなっています。

もし、税務署への申告を誤魔化したり、ウソの申告がバレた時には、追徴課税を支払う事になります。

無申告で、指摘を受けなければ、ラッキーなのですが、調査が入った時は、もちろん追徴課税がかかりますので、今ままで無申告で経営していた風俗店も、これを機に申告しましょう!

 

マイナンバーが風俗に及ぼす影響

風俗で働いている人は、家族や友人、本職の職場に内緒で働いている人がほとんどです。

マイナンバー制度で、お金の流れがクリアになってしまったら、副業をしている事がバレたり、家族に所得が多い事がバレてしまわないか?税金を多く払う事にならないか?

と心配に思っている人が多いようです。

 

結論から言うと・・・

誰かにバレる事はありません!!

では、なぜバレないのでしょうか?

マイナンバー制度でバレない理由

普通の企業に勤めていると、マイナンバーの通知カードをコピーする、または住民票(マイナンバーが記載されているもの)を提出する必要があります。

また毎年の年末調整の際に「平成28年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出する必要があります。

これにも個人番号(マイナンバー)を記入します。

このように、普通の会社に勤めているとマイナンバーの提出をしなくてはなりません。

しかし、風俗のバイトでは、あなたのマイナンバーは一切聞きません。

雇用関係がない

その理由は、風俗店やキャバクラ店と働いている女性の間には雇用関係がないからです。

風俗やキャバクラで働いている女性は、給与から所得税(源泉徴収)等が引かれていないはずです。

お店によっては、女性から所得税(源泉徴収)として給与から差し引く風俗店もありますがほとんどのお店が、所得税(源泉徴収)が引かれません。

ですから、あなたは風俗のお店でバイトしている事になっていないのです。

風俗のお給料は即日、全額、現金でお支払いしますので、あなたが風俗のお店からお給料をもらっている証拠はないのです。

 

風俗バイトの働き方

風俗のバイトは個人事業主としてお仕事しています。

「フリーランス」という働き方です。

企業に属しないで自分でビジネスをしているのです。

ですから風俗店は、あなたのマイナンバーについて一切聞くことがないのです。

しかし、ごく稀にマイナンバーを聞いてくる風俗店もあるそうです。

この場合、本業の収入を風俗からの収入が、マイナンバーによって、一発で明確になります。

その際、住民税の金額が高くなるので、本業の職場にバレてしまう事があります。

しかし、住民税を給料天引きではなくて、自分で支払っている「普通徴収」の場合は、バレないでしょう。

 

結婚している風俗嬢は要注意!

結婚している風俗嬢が、確定申告をする場合、年間の所得が多い事から夫の扶養からはずれてしまう可能性があります。

年間の所得が38万以下の人が、配偶者控除の対象ですので、確定申告をしたのに、年末調整で夫の扶養に入っていると、税務署から連絡がきます。

また、年間の収入が130万円を超えると、社会保険も夫の扶養からはずされてしまいます。

風俗で働くと、年収130万は軽く超してしまいますので、家族や旦那にバレたくない方は、アルバイトをしてる旨を伝えておく事をおすすめします!

年間の収入は130万以上になるから、扶養から外れる事になる事を事前に伝えておけば、トラブルは避けられます。

夫の扶養から外れると、健康保険や国民年金は自分で支払う事になりますが、稼げるお給料の金額を考えると、扶養から抜けてでも風俗で働く方が、メリットがあるでしょう。

 

マイナンバー制度について風俗嬢のQ&A

マイナンバー制度が導入されて、不安に思っている風俗嬢が多くいるようです。

現役の風俗嬢が、マイナンバーについて不安に思っている事をQ&Aでまとめてみました!

 

Q、マイナンバー制度が導入される前から、風俗店で働いていました。風俗で働いて稼いだお金がタンス預金をしているのですが、なん%位の税金がかかるのでしょうか?

A、マイナンバー制度が始まっても、シンデレラグループの風俗店では、今まで通り何も変わりません。

 

Q、マイナンバーで、風俗でバイトしている事が親にバレる可能性はありますか?

A、自分で言わない限りバレる事はありません。マイナンバー制度が始まっても、今までと何もかわらない形態でお給料を支払われますので、安心してくださいね!

 

Q、マイナンバーで、風俗の仕事が本職の職場にバレてしまわないか?心配です。

A、シンデレラグループの風俗店では、マイナンバーの提出は必要ありません。そのため本職の職場にあなたが風俗で働いている事はバレません。

 

Q、マイナンバー制度で家族や本職の職場に風俗で働いている事がバレてしまうと聞いたのですが、本当ですか?

A、風俗店によっては、マイナンバーの提出が必要になりますので、バレてしまう可能性があります。シンデレラグループでは、マイナンバーの提出を求めていませんので、バレる事はありません。

 

まずはご相談

風俗の仕事は初めての方は、不安に思う事がたくさんありますよね。

まずはLINEかメールでご相談くださいね!

 

問合せ

赤ボタン